不動産ご購入の大まかな流れ

不動産ご購入の大まかな流れを簡単にご説明します。

1.物件の選定

①ご希望条件等の確認
ご希望される物件種別、立地、間取、ご予算等をお聞かせください。諸費用や媒介契約の内容等をご説明の上、簡単な資金計画を作成しながら条件に合った物件情報をお探しします。

※お客様のご希望条件にあった物件をお探ししてお知らせします。物件リクエスト

②物件のご提案・現地見学の手配
ご希望に合った物件資料をお知らせします。見学したい物件がありましたら、お気軽にお申し付けください。
③現地見学
立地、周辺環境、建物の性能等、しっかりご確認いただきます。デジカメやメジャーを持っていくと便利です。

2.住宅ローン事前審査〜購入のお申込み

④住宅ローン事前審査
購入希望物件について住宅ローンを利用する場合は、売買契約前に金融機関で事前審査を行い、融資可能かどうかの確認をしておきます。
⑤不動産購入申込書の提出
購入意思が固まりましたら、購入申込書を売主に提出します。価格交渉、住宅ローン利用の有無、手付金額、契約日、引渡希望時期等を伝え、諸条件を調整します。この時点までに当店との媒介契約を結んでいただきます。

3.重要事項説明書の確認・不動産売買契約

⑥重要事項説明書
売買契約に先立ち、宅地建物取引士により物件について重要事項説明を行います。わからない点があれば遠慮なくご質問ください。ご納得の上、売買契約に進みます。
⑦不動産売買契約
重要事項説明書に不明点がなければ、売買契約を行います。売買契約書をしっかり確認した上で署名捺印し、売主へ手付金を交付して契約成立となります。併せて、仲介手数料の半額をお支払いいただきます(ご契約内容により決済日にて一括の場合もあります)。

4.住宅ローン申込み〜金銭消費貸借契約の締結

⑧住宅ローン申込み
住宅ローンの必要書類を揃えて金融機関へ申込みを行います。スムーズに行えるように書類を事前確認しておき、早めに準備しておくと良いでしょう。
⑨金銭消費貸借契約の締結
金融機関より正式な融資承認が下りたら金融機関と金銭消費貸借契約を締結します。ローン実行日(引渡日)までに十分な余裕を持って行います。

5.決済・お引渡し

⑩残代金の精算と物件の引渡し
引渡日には残代金の精算、所有権の移転、物件の引渡しを同日に行います。売主から建物、設備等に関する書類、建物のカギ等を受け取ります。各種清算金、登記費用、仲介手数料の残額等もこの時点でのお支払いとなります。

6.引渡し後

⑪各種変更手続き等
引渡後は住民票の移動、電気・ガス・水道・電話等の移転手続きや各種住所変更等の手配を行っていただきます。また、不動産取得税軽減手続きや住宅ローン控除を受けるための確定申告等があります。ご不明点はフォローいたしますので、お気軽にお問い合わせください。