不動産ご売却の大まかな流れ

不動産ご売却の大まかな流れを簡単にご説明します。

1.査定依頼〜媒介契約

①物件価格の査定を依頼する
類似の成約事例や周辺相場等から適正と思われる査定価格を算出します。大まかな数字であれば机上査定ですが、詳細な査定を行う場合はご訪問の上物件調査をいたします。具体的な売却希望価格等がありましたらお教えください。

※不動産売却に関するご相談を承ります。ご売却相談

②媒介契約の締結
売却のご意思が固まりましたら、媒介契約をさせていただきます。媒介契約には3種類(一般、専任、専属専任)あるので特徴をご理解の上契約をお願いします。
※媒介契約とは

売却や購入を依頼する不動産会社との間で取り決める約束事のことです。国土交通省では標準媒介契約約款(以下、約款)を策定しており、多くの不動産会社はこの約款を雛形に媒介契約書を作成しています。

※媒介契約の種類
  • 一般媒介………複数の仲介業者に依頼できる。
  • 専任媒介………1社のみに依頼できる。自己発見取引も可能。
  • 専属専任媒介…1社のみに依頼できる。自己発見取引は不可。

2.売り出し〜買い付け、条件交渉

③売却活動
不動産ポータルサイト等により売り出しを行います。売却活動に対する反応を定期的にご報告します。2〜3ヶ月経っても引き合いのない場合は価格の見直し等を検討します。
④購入申込み
購入希望者より購入申込みが入りましたら、内容を確認し売り渡しの承諾をするかどうかを決定します。売却価格の他、決済日等の条件について調整します。

3.売買契約〜引渡し

⑤売買契約
手付金を受領し売買契約を締結します。引渡しに必要な書類の準備、抵当権抹消手続き、水道、ガス、電気会社への転居連絡、火災保険の解約準備等を行っていただきます。
⑥決済・引渡し
残代金の受領、抵当権抹消登記の手続き、固定資産税等の精算、物件関連書類・カギ等の引渡しを行います。